robots-nocontentのサンプル


YAHOO!の場合は、class=”robots-nocontent”属性を指定することでクローラーにウェブページ内の重要性の低い要素を検索エンジンに通知することが出来る。今日、気付いた。   で、具体的に使っているサイトを探してみたけど、これが見つからない。robots-nocontentについて書いているブログ、SEOに熱心な会社の サイト、「SEO」で検索し、上位表示された会社のサイト、YAHOO!のトップページにも、class=”robots-nocontent”属性は使 われていない。
やっと見つけたのは、下記のページ使われていました。
http://info.search.yahoo.co.jp/archives/002879.php

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ