「dachas x 遊部」参加してきました。


「dachas x 遊部」

http://dachas.jp/multiply/asob/01/

Session1: 阿部さんセッション 「ディレクターをリバースエンジニアリングしてみよう」

ディレクターってソフトウェア業界的に言うと、プロジェクトマネージャーかな。
ディレクション費として対価を得ているかどうか。お金の話は、関わった事が無いのだけど、時間を掛けた分は、キチンと頂くようにしないといけないと言う話でした。ごもっともです。
WBSのお話。(個人的にメモ http://www.aerith.net/design/wbs-j.html )

Sessionの内容と関係無いが、阿部さんは、高校の後輩に当たるようだ。

Session2: 高畑さんセッション 「Webディレクションに必須なサーバー選定のポイント」

とりあえず、いつものサーバでってのを辞めましょうって話です。
いつものサーバは、自宅サーバです。自宅サーバは、LAN内からだけしか操作で出来ないように出来るので、セキュリティ的には強いでしょうけど、間違いなく宮城県沖地震がくれば、三日は停まります。三日どころか、怪我とかして入院すれば、何日も立ち直れないかも、家が崩れて永久に立ち直れないかも。
何か悪い方に想像が進んでしまいます。
業務用に限定すると、最低レンタルサーバになるでしょうが、最近勢力図が変わってきてるとか。ロリポップを見てみると「ロリポップは生まれ変わりました。」とか出ている。酷かったからな。
XOOPSを限定で考えると、http://www.xugj.org/ のレンサバ放浪記とかを参考にするとかになりそうだけど、ロリポップの件を考えると情報が古い(2~3年前でも古いと言ったら悪い気もするけど。)

Session3: dachas x 遊部(齋藤 x 赤井)セッション 「ディレクションのツボを抑えよう!~よくある課題と解決例~」

ミーティングは向かい合わせに座ると敵対しているようになるという考え方いいですね。

トークセッション 「あなたにとってHappyな仕事は?」

とりあえず、「明日仕事が有る事。」かな。

余談

SEOは、確かにグレーな手法が存在し、そのような業者も多いでしょう。そのグレーな手法とは、被リンクを得る手法の中にあるわけです。
対象になり易いのが、Yomi-Searchになるわけですが、Yomi-Searchに対してスクリプトを使って登録し、被リンクを増やす。私もハンドル名で持ってるサイトのコンテンツでは、Yomi-Searchを使ってるので分かるのです。
Yomi-Searchは、デフォルトの設定のまま使われるとは限らず、私もディレクトリ構成変えて使ってるのですが、そのサイトのコンテンツを考えずに登録しようとしてくる業者とかが多くて困るんですよね。スクリプトを使ってくるので、1分程度に10件とか登録しようとします。
難関なキーワードとかだと、スクリプトを使って登録とかもしようとするのかもしれませんが、相手サイトのコンテンツとかを良く考えてして欲しいものです。出来れば、何でもOKのデフォルトのままのYomi-Search系サイトだけにして欲しいですね。
私が、行った来た手法は、ロボットさんが、情報を収集しやすようにするって位の事をデザイナではなくて、エンジニアの立場から行っただけです。担当していたサイトでは、15000台程度の中古車(少なくても15000ページはあるという事)を常時掲載していたにYahooでインデックスされていたページが2000ページ位しかなかった。それに対して、サイトマップを整備し、インデックス数を増やしてやる対策だけで、「中古車」というキーワードで30番台に上がってきたんですから、それ相応かなとおもうのですが。SEOを一律に悪い事のように言うのは、どうかな。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ